ABOUT
「生物の形作り」は、人の身体の発生や疾患などの様々な生命現象に関わるため、基礎生物学から医学、医療まで、幅広い分野にとって重要です。特に、生物の形作りの基礎となる「多細胞ダイナミクス」を理解し、試験管内や体内で操作することは、今後のがん治療や再生医療に役立つと考えられます。しかし、身体の形作りには、多数の細胞間に様々な相互作用が働くため、これまでの分子生物学的・実験生物学的な方法論だけでは、その仕組みを理解することが困難です。そこで私たちの研究室は、幹細胞オルガノイドの培養実験や力学シミュレーションなどの融合アプローチにより、生物の形作りに関する機構や原理の新しい理解を目指しています。

胚発生・がん疾患に関わる
多細胞ダイナミクス

多細胞ダイナミクスは、胚発生、がん疾患、創傷治癒、代謝など、様々な生命現象に見られます。これらの原因となる遺伝子やタンパク質はそれぞれ異なりますが、一方で、これらの多細胞ダイナミクスには共通した性質や振る舞いが見られます。この多細胞ダイナミクスを支配する原理とはどのようなものでしょうか?

生物学・物理学・工学を融合した
新しい研究アプローチ

生物の形作りでは、1つ1つの細胞が多種多様な方法で相互に作用します。この複雑な現象を理解するため、胚組織を試験管内で再現する幹細胞オルガノイドや、多細胞の動態を予測する力学シミュレーションなど、生物学、物理学、工学などの技術を融合した新規アプローチに取り組んでいます。

分子・細胞・組織をつなぐ
包括的な予測と理解

私たちの研究アプローチは、分子・細胞レベルに見られるミクロな振る舞いを統合して、組織・器官レベルのマクロな形作りをボトムアップに理解し予測するものです。これにより、幅広いスケールに渡る多細胞の振る舞いを1つのシステムとして捉えた、包括的な理解や人為的な操作を目指しています。

CONTACT