RESEARCH

【このHPはまだ作成中です】

分子・細胞・組織を包括した
力学シミュレーション

胚発生やがん形成などの多細胞の三次元動態を分子・細胞・組織のスケールから統合的に解析するため、新しい力学シミュレーション手法を開発しています。この手法と生物学実験を融合し、多数の分子・細胞から成る組織・器官の動態を予測し、その仕組みの理解や操作を目指しています。

幹細胞オルガノイドなどの
立体組織培養実験

試験管の中で幹細胞やがん細胞を培養し、細胞に三次元的な組織を作らせることで、胚発生やがん疾患における多細胞の振る舞いを観察しています。機械的刺激や遺伝子改編などの摂動実験と力学シミュレーションの知見を総合することで、多細胞動態を理解と操作を目指しています。

数学・物理学に基づく
多細胞力学動態の理論解析

力学シミュレーションや立体組織培養実験で得られた複雑なデータや知見に基づいて、多様な多細胞動態の素過程を抽出し、その定式化を行っています。これにより、胚発生やがん疾患などの幅広い多細胞動態に共通した原理の発見を目指しています。